本文へスキップ

野球肘検診情報

中国・九州エリア


◆岡山県
地域  :岡山県岡山市、倉敷市、津山市、広島県福山市など
主催・責任者(職種):岡山大学整形外科、名越整形外科医院、
          岡山ベースボールメディカルサポート、
          島村安則(整形外科医師)名越充(整形外科医師)

協力機関:岡山県AT協議会、岡山ベースボール メディカル サポート
開始時期:20101
実施時期:毎年12月〜2月頃、他にも不定期に実施
対象者 :小・中学生の野球選手(ソフトボール含む、また硬式軟式は問わない)
対象人数:1回の検診で約50
スタッフ・人数:整形外科医師、OTPTAT、マネージャーなど約30
場所  :各地に検診会場を設置(体育館など)、チームに出張など
連絡先 :島村安則yasushima@nifty.com 名越充orrs754@f7.dion.ne.jp
連絡方法:アドレスにご連絡ください。


◆佐賀県
地域   :佐賀県小城市
主催・責任者(職種):鶴田整形外科、鶴田敏幸理事長(整形外科医)
協力機関:小城市軟式野球連盟学童部、佐賀県トレーナー協会
開始時期:2012115
実施時期:オフシーズン1回、インシーズン1回(計2回予定)
対象者  :小学生(4年生以上)・中学生の疼痛の現病歴、既往歴のある選手。
       投手経験
捕手経験のある選手。選手、保護者、指導者が希望する選手。

対象人数:100名程度
スタッフ・人数:クリニックの医師、PT、その他の医院のPTなど約40
場所   :公共施設ほか
連絡先名前・アドレス:弥富雅信(PT)、sbst_cmp@yahoo.co.jp
連絡方法:アドレスに連絡頂きたい。


◆宮崎県
地域  :宮崎県
主催・責任者(職種):宮崎大学医学部、帖佐悦男(整形外科医) 
協力機関:宮崎県軟式野球連盟 宮崎県体育協会
開始時期:2001年からその後全体は一時中止し個別のみ、2009年から再開
実施時期:以前は夏、個別には不定期 全体は連盟と相談
対象者 :以前は小学生〜高校生、今後小学生を主体、中学生、高校生は個別
対象人数:以前は300-800名、小学生800-1000
スタッフ・人数:医師、PT、看護師など約10-50
場所  :現場、チーム、大学など
連絡先名前・アドレス:帖佐悦男(医師) chosa@med.miyazaki-u.ac.jp                       石田康行(医師) yasu4isi@yahoo.co.jp 
連絡方法:アドレスに連絡頂きたい