本文へスキップ

野球肘検診情報

関西・四国エリア


◆京都府
地域  :京都府
主催・責任者(職種):京都府立医科大学、森原 徹(整形外科医)
協力機関:京都運動器障害予防研究会、Macs Trainer Room
     ソニックジャパン(株)
NPO法人日本スポーツメディシン、
     京都高校野球連盟、京都産業大学野球部、京都市中学体育連盟野球専門部、

         Bright Body ACTIVE HEALTH
研究所
開始時期:a)高野連200811月、b)中体連200811月、c)中学生野球教室200812

時期  :a)11月、b)11月、c)12
対象者 :
a)高野連の冬季トレーニング講習会に参加した高校生
                 (約
70校 投手・捕手・内野手・外野手の各4名づつ)

        b)中体連の冬季トレーニング講習会に参加した中学生(約30校)
        c)地元出身プロ野球選手(大家投手(横浜)ら約10名)の野球教室に参加した中学生
対象人数:a)280名、b)100150名、c)100
スタッフ・人数:京都府立医大・関連病院の医師・PT、
        その他の病院・医院の医師、PT、トレーナー、検査技師、約
2060

場所  :a)わかさスタジアム(京都市内で高校野球大会が実施される球場)
   
      b)京都産業大学野球部グラウンド
   
      c)京都市内のグラウンド
連絡先名前・アドレス:森原 徹(Dr)・toru4271@koto.kpu-m.ac.jp
連絡方法:e-mail

 野球選手の障害の早期発見・重傷化の予防を目的として医師・理学療法士・トレーナーが協力して行う。医師による理学所見・超音波検査による肩肘のチェック、理学療法士による上肢・下肢・体幹の柔軟性チェック、トレーナーによるストレッチ・コンディショニング指導を一連の流れとしている。2008年より毎年3回の検診を実施(対象:①高校生200811月~②中学生200811月~③中学生200812月~)、2011(1)より小学生を対象とした検診を実施予定。



◆京都府
地域   :京都府京丹後市
主催・責任者(職種):丹後スポーツ障害予防事業実行委員会
協力機関:京都運動器障害予防研究会医科学サポートチーム、京丹後市、京丹後市野球協会など
開始時期:平成231月〜
実施時期:123週目日曜日 平成241216日(第3回)
対象者  :小・中学生
対象人数:300人〜500人程度
スタッフ・人数:医師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・放射線技師・スポーツトレーナーなど70人程度
場所   :京丹後市の管理施設(アグリセンター大宮など)
連絡先名前・アドレス:吉岡直樹 nao96096@koto.kpu-m.ac.jp
連絡方法:E-mail


◆奈良県
地域  :奈良県全域(奈良県大和郡山市中心)
主催・責任者(職種):奈良県立医科大学整形外科 森本光俊(整形外科)
協力機関:田北病院、奈良県軟式野球連盟郡山支部学童部
開始時期:201126
実施時期:毎年11月、不定期でチームの要望により実施
対象者 :小学生中心 
対象人数:300400人程度
スタッフ・人数:医師、PTなど約80
場所  :球場隣接の施設内など
連絡先名前・アドレス:森本光俊(Dr) mitsmitsmits2002@yahoo.co.jp
連絡方法:アドレスに連絡頂きたい。



◆徳島県

地域  :徳島県
主催・責任者(職種):NPO法人徳島みらいネットワーク・松浦哲也(整形外科医)
協力機関:徳島新聞社、徳島県体育協会、徳島県医師会
開始時期:
1981
実施時期:毎年
7月、海の日を中心に3日間
対象者 :小学生野球選手(軟式のみ)

対象人数:約
1800
スタッフ・人数:医師、トレーナー、
PT、検査技師、学生など3日間で延べ約150
場所  :吉野川河川敷グランド

連絡先名前・アドレス:松浦哲也、
tmatsu@clin.med.tokushima-u.ac.jp
連絡方法:アドレスに連絡いただきたい